読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさるの厨二病な読書日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

≪ドラマ≫「ゆとりですがなにか」 第四話感想

【スポンサーリンク】

5月8日(日)に放送された「ゆとりですがなにか」の第四話の感想です。

悦子編・山岸編が終わりかな??

この二人には、毎回ムカつかされましたが、今回でキレイに収束した感じです。

 

「超地雷女・悦子先生」

本当に悦子、ムカつくなあ~~。

地雷女にもほどがある。

主がやまじーだったら、好きになったことが完全に黒歴史になるレベルだな。

若くてかわいいと、許されるんですかね??

自分から告白しておいて、これか。

それで彼氏があれか。

 

主はパートナーにどういう人を選ぶかで、その人の人間性をはかる部分がありますが…

(みんなそうですか?)

あんな社会常識のない、プライバシーを侵害しまくる気持ち悪い男を選ぶ時点で、

この女はやばいって気づこうよ、やまじー。

 

それにしても、教頭先生が恰好よかった。

本当に、その通り。

浮気されたのはお気の毒だが、

そのことがお前が学校に不法侵入して、

他人の職務を妨害していることと何の関係があるんだ???

第一、やまじーはお前の存在なんて知らず、

地雷女の爆風にただ巻き込まれただけだし。

もっと、ちゃんと謝れよ。

未成年だからって、甘えてんじゃねえ。

 

「まりぶはやっぱり恰好いい」

「就活しなきゃ就職できない、その程度の大学ってことでしょ?」

ガールズバーで、おっぱいは出さない」

「この人には、この人の間っていうものがあるんだよ」

まりぶ語録が作れますね。

山岸を蹴っ飛ばしたとき、すごいスカッとしました。

 

「あかねちゃんとまーちん」

あかねちゃんは、本当にいい女だなあ。

でも、女性としてはモテないかもしれない……。

女性としては、悦子先生みたいなほうがずっとモテると思います、残念なことに。

(のちのち黒歴史認定されるかもしれないが。)

「プライベートと仕事はきっちり分けたい」「弱みになるから」

っていうのも、確かに正論だし、気持ちはよくわかりますが、

残念ながら、まったく可愛くない。

 

あかねちゃんとやまじーって、本当に自然というか空気感があっている気がします。

「ないない」ってお互いに言っていますが、

何十年も連れ添った夫婦みたいというか、戦友みたいな感じです。

あんな息のあったところ見せられたら、正和だって嫉妬しますよ。

嫉妬のしかたが、すごく可愛くて面白かったです。

「あかねちゃんはともかく、お前はそれは失礼だろ!!」

いや、それはやまじーに失礼だから(*'▽')

 

「「ゆとりですがなにか」を見ていると」

「人間の駄目なところ、弱いところや嫌なところ」に対する

クドカンの優しさを感じます。

 

主はずっと、悦子先生や山岸にムカついていました。

悦子先生の異性関係でのずるさや、

山岸の人の気持ちを考えられない生意気な態度、

いくら他に美点があったり、多少反省してしおらしくなったって、

許されるべきものではないだろう。

主は、そう思う人間です。

 

でも、クドカンは、そういう嫌なところ、弱いところ、駄目でだっさいところ、下品なところ、ぜんぶあってその人だよね。

そう自然に思っている人のような気がします。

 

主が正和だったら山岸を、やまじーだったら悦子先生と彼氏を、許しません。

決定的な鉄槌が下されるのを、望むと思います。

 

悦子先生や彼氏、山岸が決定的に痛い目をみて改心するというシナリオではなく、

日常のさりげない積み重ねの中で、

その気持ちが少しずつ変化していく様子を描くクドカンは、

すごく優しい人なんだろうなあと思います。

 

主から見ると、正和もやまじーも「そんな損していていいの?」と思いますが、

この二人は、損とか得とか考えてもいないんだろうなと思います。

 

今の世の中にもいるだろう正和、やまじー、まりぶみたいにな人に、

幸せになって欲しい、このドラマを見ていると心の底からそう思います。

 

 

最後、予測変換で落としたのはすごい。

「そうきたかあ」って感じです。