読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさるの厨二病日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

【小説感想】 島田荘司「上高地の切り裂きジャック」感想

小説

【スポンサーリンク】

 

島田荘司上高地切り裂きジャック」の感想です。我孫子武丸「殺戮にいたる病」のネタバレも若干含んでいます。未読の方は注意してくだい。

 

ファンの方には申し訳ないのですが、

びっくりするくらい面白くなかった。

 

理由は三つほどあって、

①もともと島田荘司と相性がよくない。

②題名から、もっとハードな内容を期待していた。

③途中で真相に気づき、我孫子武丸の「殺戮にいたる病」に似ているなと思ってしまった。

 

主な理由はこの三つです。

 

島田荘司と相性が良くない」

じゃあ読むなよ、という意見もご尤もなのですが、

いつも「もしかしたら面白いかも。ハマるかも。」と

仄かな期待を抱いてしまいます。

実際、唯一「暗闇坂の人喰い木」だけは、とても面白かったし大好きです。

そういう奇跡を、いつまでも追いかけてしまっているようです。

 

島田荘司の作品における自意識過剰ぶりというか、御手洗潔に対する自己投影ぶりが、本当に苦手です。

「女性を避けている」と言いながら、女に追っかけられるとかね。

そんなにモテないから大丈夫ですよと言いたくなります。

 

上高地切り裂きジャック」も、犯行のトリックとか物語の構成以前に、

女性の描写のしかたでうんざりしました。

確かに被害者もどうかと思う女性ですが、

犯人が自分のやったことの責任を、

被害者の女性や妻に転嫁する様は、心底いい加減にして欲しいと思いました。

(しかも作者がその犯人の心情に、肩入れしている感じがする。)

推理小説でこういう感想を抱いたのは、初めてです。

 

「やることやっておいて、何を言っているんだ??

 こいつは??」

 

上高地切り裂きジャック」が、主の記憶に残るとしたらこの一点のみです。

 

 

「もっとハードな内容を期待していた」

綾辻行人の「殺人鬼」や我孫子武丸の「殺戮にいたる病」のような内容を、

無意識に期待していたみたいです。

とても、ソフトな内容の物語でした。

グロ耐性がない方でも読める内容ですが、

無責任な女々しい犯人に耐性のない方は注意してください。

 

「途中で真相に気づき、

「殺戮にいたる病」に似ているなと思ってしまった」

の構造が似ているだけで、トリックなどはまったく違います。

なので、別にオマージュとかそういうわけではなさそうです。

 

「殺戮にいたる病」は叙述トリックですし、

作品としての完成度も読み物としての面白さも、本作とは段違いです。

 

本作は読まなくても構わないので、

ぜひ、「殺戮にいたる病」は読んでみてください。

「殺戮にいたる病」は多少、グロ耐性は必要かもしれないです。

でも、すごく面白いですよ。

   

上高地の切り裂きジャック (講談社ノベルス)

上高地の切り裂きジャック (講談社ノベルス)

 

  「御手洗潔なら、動機も、犯人も、すべてお見通しだ!」

ふうん……(-_-)

   

殺戮にいたる病 (講談社文庫)

殺戮にいたる病 (講談社文庫)

 

 真のおススメはコチラ。 

「恐るべき殺人鬼の魂の軌跡」って、格好いいな。