読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさるの厨二病日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

≪ドラマ≫ 「ゆとりですがなにか」 第5話感想

ドラマ 過去のドラマ

【スポンサーリンク】

 

「ゆとりですがなにか」第5話の感想です。

 

前回第4話の感想は、コチラ↓

 

saiusaru.hatenablog.com

 

「まーちんと茜ちゃん」

前回は、正和の嫉妬ぶりを面白がっていましたが、

今回を見たら、正和の気持ちも分からないでもない。

茜ちゃんは、立派すぎるんですよ。そして、正論を吐きすぎる。

 

第三者から見れば、やまじーとの接し方が完全に友達同士なのも分かる。

やまじーが女性としては、茜ちゃんにまったく興味がないのも分かる。

仙台行きを黙っていたのも、ある程度、正和を思ってのことなのも分かる。

仕事と結婚が両立できないことが分かっていて、

その葛藤を正和に押し付けようとしないところは、すごく立派です。

 

悦子先生は、

茜ちゃんの爪の垢をがぶ飲みしたほうがいいと思います。

 

「甘えがウザから、友達のほうが楽」っていうのも、分かる。

自分がまったく弱音を吐かないから、そういう正和がウザく感じてしまうんですよね。

でも、正和が「もういいよ」って小学生みたいに言える相手は、茜ちゃんだけなんですよ。

 

彼氏彼女っていうのは、

そういうときのためにいるんじゃないですかね。

 

「なんで、君はダメな僕を受け入れてくれないんだよ」

って、「デート~恋とはどんなものかしら~」の谷口巧も言っていましたよね。

(このドラマも大好きです。)

 

彼氏彼女というのは(特に男性にとっては)、

駄目で弱い自分も認めて受け入れてもらえる場所なんです。

(もちろん、それだけではないと思いますが。)

茜ちゃんは自分の駄目なところも許さなそうなタイプだから、

正和のダメなところが受け止められないのかもしれません。

 

己を律せて、打ち込める趣味があって、誰とでも分け隔てなく接せて、

仕事ができる茜ちゃん。

すごく恰好よくていい女だけど、

残念ながら現実では、地雷女悦子のほうがモテることがよく分かります。

むしろ、正和だからこそ、今まで付き合ってこれたのかもしれません。

 

「男と女の幸せ論争」

「男は、ただ女を幸せにすればいい」

「幸せにできなさそうなときはどうするの?」

 

まりぶの奥さんと、正和の会話が深いですね。

今週は、「真田丸」で秀吉も茶々に、

「茶々を日ノ本一、幸せな女子にする」って言っていましたね。

「相手の女性を幸せにできるかどうか」というのが、男性の恋愛における主眼なんでしょうね、たぶん。

 

いつも不思議に思うのですが、「幸せ」って感覚の問題ですから、

その人の幸せってその人にしか分からないと思うのですが。

だから、こういうときの男性が想定している幸せというのは、

「自分が想定している状態の幸せ」にするっていうことなんでしょうね。

その「想定している幸せ像」は、九十九%くらいの確率で女性の想定している幸せ像からずれていますから。

この辺の確認を怠るのが、男女のすれ違いの原因だと思います。

 

正和も、ちゃんと茜ちゃんの幸せ像を確認したほうがいいよ。

それを怠って、プロポーズとか別れるとか意味が分からないから。

 

そんなことを、この記事でも書いたな。

 

saiusaru.hatenablog.com

 

ただ今回は、茜ちゃんに非がかなりあると思います。

主もあんな言い方されたら、

「別れたくて誘導しているのか?」と思ってしまいます。

この二人は最終的にはちゃんと一緒になると思っていますので、

お互いのために、少し離れてもいいかもしれません。

 

「今週の地雷女悦子」

もう出てこなくていいんだが……と思いましたが、

そういうわけにはいかないようです。

っていうか、あのキモいク〇男とまだ別れていなかったのか……。

あんなことがあった後でも、よく付き合うな。

やはり地雷同士、惹かれあうものがあるんでしょうか。

と思ったら、別れたのね。

心の底からどうでもいいですが。

 

シンママも地雷くさいですし……やまじーの周りは、こんな女性ばかりですね。

クドカンの周りが、こういう女性ばかりなのかな?

と勘繰ってしまいます。

茜ちゃんみたいな人と幸せになって欲しいのですが。

 

「燃え尽きた」発言も、正気かこいつ、と思いましたよ。

たった一か月やそこらやっただけで、

何年も仕事をしてきた人間によくそんなことが言えるな。

本当、ポカーンですよ。

リアルでこんなことを言われたら、

相手の神経を疑います。

 

まあ、いいです。

そんな気持ちでなられたら、

子供たちも周りも迷惑でしょうから。

と言って、道に唾でも吐いて終わりにするところですが、

そこをあれだけ真剣に怒るんですから、

やまじーはやっぱり悦子先生が好きなんだろうなと思います。

どこがいいのか、さっぱり分からないけれど。

 

「まりぶとゆとり」

付き合ってないと思うんですけれどね。

まりぶはそういう奴じゃない、と主は信じています。

 

麻生さん、いい感じにダメ親父だな。

今週の正和はキレまくっていますけれど、

いい彼氏だしいいお兄ちゃんだと思います。

やまじーに茜ちゃんのことを頼むところとか、

別れても温かい気持ちを持っているところに泣けます。

 

ダメな部分があろうが、抜けている部分があろうが、

ボルダリングを覚えられなかろうが、出世コースからはずれようが、

心が優しいのが一番ですね。

 

次回は「正和VSまりぶ」からか。

付き合ってないと思うよ~~。