うさるの厨二病な読書日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

≪ドラマ≫ NHK大河ドラマ「真田丸」 第22回「裁定」の感想

【スポンサーリンク】

 

オープニングでは格好いいのに……北条氏政にがっかりするの巻

 

前回第21回「戦端」の感想はコチラ↓ 

saiusaru.hatenablog.com

 

相変わらず、オープニングの氏政が恰好いいです。

高嶋政伸は、すごい熱演ですね。

今まで「高嶋政宏と政伸、どっちかどっちだっけ?女性を見る目がない気の毒な人、が政伸だよね?」

くらいにしか思っていなくて申し訳なかったです。

俳優として、こんなにすごい人だとは思いませんでした。

 

「真田丸」は俳優の演技が全員すごすぎて、

堺雅人ほどの俳優が主演でいながら、そんなに目立たないという怪現象がおきています。

 

今回は、北条氏政、江雪斎が全てをかっさらっていった回。

散り際の花は、美しいですね。

 

いよいよ始まった「沼田裁定」

沼田城の真の主は誰か……北条家と真田家で争う「沼田裁定」が始まりました。

ところで、江雪斎って頭がいい設定なんですかね???

今回の裁定の場面だけを見ると、アホの子にしか見えないのですが。

 

「最も大事なのは、どちらが先に城を有していたか」

 

っていう論旨で攻めたら、

「いやいや、もともとは上杉のものだから。返すの?

って言い返されるのは、当然だと思うんですよね。

「かすめとった」っていうのもなあ。

昌幸パパも「まさにその通りじゃ」って言って笑っていましたが、戦国時代ですもの。それの何が悪いの??っていう話になると思うのですよね。

 

もともと秀吉は沼田城が真田家のものになろうと、北条家のものになろうとどちらでもいいのですから、その「どちらでもいい」秀吉の心をどう動かすか、なんだと思うんですよね。

倫理で攻めても仕方がないでしょう。

倫理の皮をかぶった損得で攻めるしかないんじゃないかと思いますが、江雪斎がずいぶんなアホの子……

いやいや氏政の懐刀のわりには純粋設定??と思いました。

 

北条家って、真田が北条と同じくらい力を持っていたら、

「沼田はまさに、だまし取ってかすめ取ったのじゃ(≧▽≦)ひゃはっ

って楽しそうに喋る昌幸パパの敵じゃなかったと思います。

 

本多正信は、純粋な好意で源次郎の味方をしたんですかね。

前回、北条氏政に上洛を勧めた家康同様、

「絶対、それだけのはずがない」と疑い続ける自分がいます。すみません、疑い深い人間で。

 

北条氏政にがっかりする

もう、今回の主旨はこれです。

 

もうさ、分かるでしょう。

秀吉は、とにかく北条を攻め滅ぼしたくて仕方がないんだよ。

他の大名たちの手前、体裁がいい理由があれば好都合なんだよ。

江雪斎も「我らを攻めたくて、ウズウズしておるのです」って言っているし、利休も「殿下の思うツボですな」って言っています。

それに、なぜ、のってしまうんだ。

 

「小田原城がある限り、負けはせぬ」

って言っても、そのあとの勝算はあるのですかね?

秀吉が小田原城を囲んだまま、伊達政宗も外交で味方につけたら終わりじゃないですか?

籠城みたいな消耗戦をするのであれば、自分たちが「負けない」あいだに、状況が有利になるっていう目算のうえでやらないと無意味じゃないんですかね?

 

「小田原城に籠城して秀吉を迎え撃つ」

 

っていう方向で考えていたならば、早くから家康とか真田とか上杉とも密約を結んでおくべきだったんじゃないですかね?

主が江雪斎でも、「今から?!」って叫んじゃいますよ。

江雪斎のこのセリフ、完全に

いまこの状況で、徳川が味方についてくれるわけないじゃん、何、目あけたまま夢見ているんだ、ぼけ。

っていう、ニュアンスが出ていましたね。

完全同意です。

 

「徳川だけは押さえておこう」

って、正気かよと思いました。

押さえられるわけがない。

「この後に及んで、北条につくわけがなかろう」って、家康も言っていましたね。

 

「北条家は三代続けて名君が出て、四代目五代目が暗愚だった」

というのが通説みたいです。

Wikipediaに書かれている、

歴史を知っている現代人が、「結果論を根拠に氏政を暗愚扱いするのは気の毒だ」というのも一理あるとは思いますが、上杉や家康は秀吉に臣従してちゃんと生き残っているわけですからね。

 

この状況下でどれくらい氏政に勝算があったのだろう?と思うと、限りなくゼロに近いんじゃないかなと思います。

だとすれば、家を滅ぼされるよりは、秀吉の靴を舐めてでも生き残るしかないんじゃないかとも思いますけれどね。

実際、真田家はそうやって生き残ったのでしょうし。

 

その辺り、「真田丸」が氏政をどう描きたいのかがよくわかりません。

やっていることじたいは、自分のプライドだけを考えて、行き当たりばったりに先行きを決めているようにしか見えません。

もう少し

「通説では、こう言われているけれど、実はこんなこともあって、氏政はこんな風に考えていたんだよ」

ということを描いてくれれば、

「確かに結果論だけで、愚かって決めつけるのはよくないな」

と思えるかもしれません。

もしくは通説通り、北条家を滅亡に導いた愚かな当主として描くつもりなのかとも思いましたが、その割には演出がやたら恰好いいですし。

高嶋政伸が余りに力演しているから、演出を変えたのかとすら思いました。

「高嶋さんの氏政がすごいから、格好よくとろう」みたいな。

 

もしかしたら、次回が身も心も氏政が格好いい回なのかもΣ(゚Д゚)

 

というわけで、第23回「攻略」に乞うご期待です。

 

真田丸 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

真田丸 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)