読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさるの厨二病日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

朗報♪ 「銀河英雄伝説」の新作アニメが製作中みたいですよ。

小説

【スポンサーリンク】

 

田中芳樹の小説「銀河英雄伝説」の新作アニメが製作中みたいです。もう、本編は全部製作されていると思うので、リニューアルするのかな? ヤン役の声優、富山敬さんも亡くなってるので、声優オーディションを実施するみたいです。

公式サイトはコチラ↓

gineiden-anime.com

 

銀河英雄伝説」のご紹介

銀河英雄伝説」(以下「銀英伝」)を知らない人に、

よく「ガンダムみたいな話?」と聞かれます。

似ている部分もありますが、まったく違う部分のほうが多いです。


一番の違いは、「銀英伝」はロボットが出てきません。

マクロスのように宇宙人も出てきません。

戦艦同士の戦いがメインで、

人間同士が政略・陰謀・戦略・戦術で二つの国家が争う物語です。

SFというよりは、仮想歴史ものというジャンルになると思います。

 

以下、粗筋です。

銀河に進出した人類は、二大陣営に分かれて戦っている。皇帝と貴族が支配する銀河帝国と、帝国から脱出した人々が建国した自由惑星同盟である。戦争は150年間膠着していたが、ラインハルトとヤンという若き英雄が両陣営に登場することで、歴史は大きく動き始める。

                       (Wikipediaより引用)

 

皇帝を頂点とする専制主義国家、銀河帝国と、

民主主義国家、自由惑星同盟の戦いの物語です。

ふたつの国家とも建国から長い年月がたっているため、内部は腐敗しています。

そのふたつの国家に、それぞれ戦争の天才が現れたことで歴史が動き出します。

 

銀河帝国に現れた天才は、ラインハルト。

姉を皇帝に奪われた復讐と、銀河帝国打倒の野望に燃える美貌の貴公子です。

f:id:saiusaruzzz:20160606074002p:plain

 

 

自由惑星同盟に生まれた天才は、ヤン・ウェンリー

お金がなくて、いやいや軍人になりました。夢は年金暮らしで趣味は昼寝です。

f:id:saiusaruzzz:20160606082900p:plain

「兵数が少ないという戦略的不利を、戦術で補おうなんていう考えは間違っている」

「そもそも戦争の勝敗というものは、どれだけ相手より有利な条件をそろえられるかで決まる。つまり戦いというのは、起こる前から勝敗が決まっている」

と言いながら、自分は戦略的に圧倒的に不利な状況の戦いを

戦術レベルで勝利してしまうすごい人。

あだ名はミラクル・ヤン。

 

「銀英伝」は、とにかく面白い

「銀英伝」は、とにかく圧倒的に面白いです。

読みだしたら、ページをめくる手がとまらない極上のエンターテイメント小説です。


物語としては、勧善懲悪の物語です。

国家間の攻防の物語なので、人間として複雑な登場人物は出てきません。

主人公たちはどこまでも高潔であり、卑劣な悪役はとことん卑劣です。

 

「銀英伝」のキャラクターで、やや複雑な人物造形をしているのは、

ロイエンタールとオーベルシュタインくらいです。

saiusaru.hatenablog.com

 

一時期、「これは形を変えた勧善懲悪ではないだろうか」と思って、

余り評価をしていなかった時期があったのですが、

大人になってから読んだら、またその面白さに夢中になりました。

 

昔は若干退屈に感じていた、六巻はじめの「地球滅亡の歴史」も面白かったです。

エンターテイメントにおいて、面白いは正義です。(キリッ)

 

「銀英伝」のここがちょっと。

大人になってから読むと、ヤンの説教臭い言葉がちょっと鼻につきます。

ヤンに憧れるというのは、「銀英伝」を読んだ厨二が一度は通る道です。

 

主はラインハルトも、作者の理想が具現化したようなヤンも余り好きではなく、

帝国ではオーベルシュタインとビッテンフェルト、

同盟ではアッテンボローが好きです。

昔はキルヒアイスとかミッターマイヤーとか普通に好きでしたが、

いま読むと絵に描いたようなテンプレキャラですよね。(好きな人、ごめんなさい。)

昔はロイエンタールは嫌いだったけれど、いま読むと、

ふんじばって男の美学を生き抜いたところが、ちょっと可愛いと思います。

 

あとは、女性キャラの魅力がゼロなところです。

英伝で一番魅力がある女性キャラって、

キャゼルヌ夫人かルビンスキーの愛人のドミニクかどちらかだと思います。

 

タイタニア」のミランダ公女やテオドーラ

「アップフェルラント物語」のフリーダなどを見ると、

田中芳樹は女性キャラを描くのが下手というわけでもなさそうですが…。

 

確かに「銀英伝」に女性キャラがいるか、というと主もいらないと思います。

アンネローゼはいないと物語が始まらないので仕方がないと思うけれど、

フレデリカとかヒルダはいらないと思いますよ、まぢで。

 

懐かしいので、アニメ化したら見てみようと思います。

銀河英雄伝説 DVD-BOX SET1

銀河英雄伝説 DVD-BOX SET1