うさるの厨二病な読書日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

≪ドラマ≫ NHK大河ドラマ「真田丸」 第24話「滅亡」感想

【スポンサーリンク】

 

NHK大河ドラマ「真田丸」第24話「滅亡」の感想です。

前回第23回「攻略」の感想はコチラ↓ 

saiusaru.hatenablog.com

 

*今週の「真田丸」は、ほとんどの登場人物の中身が入れ替わっていたみたいです。

 

相も変わらずインターバル詐欺

相変わらずオープニングのインターバルの氏政が、格好いいです。

何度も騙されているのに、またもや「今週こそは格好いい氏政が見れるに違いない」と期待してしまいます。

「今度こそ真面目に働くから」と言われて、何度でもダメ男に貢いでしまうダメ女のようです。

そういえば昔、友達に、「あんたは絶対、将来ヒモ男に捕まるタイプだ」と言われました。

主を捕まえるヒモ男は、北条氏政だったのかΣ(゚Д゚)

 

登場人物が全員、別人になっている

心穏やかで温和な北条氏政に、情が深くて心優しい家康に、真田を裏切らされたのに、「殿下は、話して分からぬお人ではござらん」という上杉景勝。

みんな記憶障害にでも陥ってしまったのでしょうか?

以前の粗筋どころか、以前の自分を忘れてしまったのでしょうか???

 

氏政なんて、わずか10分くらい前に、

「北条が、どれだけ真田に振り回されたか忘れたか」

とか言って、秀吉の使者として単身で自分の前にきた源次郎を、問答無用で殺そうとしたではないですか??

なんで十分後に、「よき戦相手でござった」(言った相手は上杉ですけれど。)

その当の本人である昌幸パパに友情を感じているんだよ。

おかしくないですか????

そんな戦った相手に友情を感じるような人物なら、名胡桃城のだまし討ちを黙殺するとか、何だったんですかね???

別人?? 双子設定?? 多重人格???

 

家康も、こんなに余りよく知らない性格も極悪な氏政に「情が深い方だから」っていう理由だけで肩入れしているけれど、関ケ原とか大阪の陣のとき、大丈夫ですか??

騙して内堀も埋めちゃうときに、今度は家康がキャラ崩壊を起こさないか心配です。

「情が深くて優しい設定」を忘れないといいんですけれど、わずか十分で人格が入れかわる、今日の脚本を見ていると先行きが不安です。

 

「この城におれば、決して負けることはない」

「されど、勝つこともできませぬ」

もう、この会話聞くの、何回目だろう(-"-)

忘れちゃいけないことは忘れていて、どうでもいいことはしつこく繰り返すんですね。

「戦は、最後の最後まで何が起こるか分かりはせぬ」

二週間くらい前からずっと言っていますが、神頼みはやめてください。

 

失われた方向性

北条攻めのエピソードは、話をどこに着地させたいのかが終始一貫して分かりませんでした。

今回、最後の最後でその方向性らしきものがようやく出てきたのですが、

 

「乱世に生まれたからには、自分自身が天下をとりたい」

「何者にも屈さない戦国武将の誇り高さ」

 

たぶんこれだとは思うのですが、それにしても、結局は全力を出しきって負けたのですから、

「むしろ、それを認めて膝を屈することこそ、潔さなのでは?」

と思うのですよね。

 

今の「真田丸」の流れを見ていると、

「百姓出の秀吉が天下人になった事実を、認めたくない」

ただ、これだけに見えてしまうんですよ。

 

「実力で負けたくせに、相手の氏素性が卑しいからって認めることができない。そのくせ、実力勝負もできないから面従腹背している」

 

って、むしろすごく恰好悪くないですか。

 

貴種が卑しい出自の人間の実力を認めたくなさに、友情ごっこをしている。

そう見えてしまう。

家康と景勝と昌幸パパが氏政の説得に来たとき、感動するどころか、

 

どんだけ暇なんだよ、こいつら。

 と思いましたからね。

パパなんて、氏政のためにどれだけ苦しんだか、忘レチャッタンデスカネ~~。

 

氏政を生かして、四人で対秀吉の秘密同盟を結ぶとかなら、まだ分かりますけれど、今まで友情とはまったく無縁そうな陰険そうな性格だった氏政が、突然、潔く穏やかな性格になって、「友情を感じてます」とか言われましても、何が何だかわかりません。

視聴者を置いてけぼりにするのも、いい加減にしてください。

それとも、他の皆さんはついていけていて、感動したりしているのでしょうか?(不安)

 

高嶋政伸の怪演は、素晴らしかったです。

氏政といい、家康といい、出浦さまといい、昌幸パパといい、矛盾が出ているキャラクターは、俳優さんの力演と演出でそれらしく見せている印象があります。

でも、それも限界があると思います。

役の人格を、一人の人間として一貫させないと、いくらすごい俳優さんたちとはいえ、演技だけで説得力を持たせるのは、限界があると思いますよ。

 

結局、殿下の敵じゃね~~

家康を関東に封じ込めて、家康の与力から真田をはずして、監視役として所領を安堵したところを見ても、徳川も真田も、結局は秀吉の敵じゃないってことを言いたいのかな、と思います。

 

パパもあれだけ大きなことを言っていたのに、小形と沼田城を安堵されたら、もう大喜びで満足しているしさ。

「日ノ本中が、乱世に逆戻りしても、それの何が悪い」

って啖呵をきっていたのは、何だったんでしょう??

てっきり、乱世に戻ってもうひと暴れすることが、最大の目的だと思っていたのに、所領が安堵されれば、それでよかったの???

どっちやねん。

 

大好きだった、昌幸パパを返して欲しいです。

 

 

次回からは、頼みます。

余りに訳がわからなすぎて、結局、最後まで白けっぱなしの小田原攻めでしたが、今日でひと段落したので、来週からは、また元の登場人物たちが活躍する元の「真田丸」に戻ると期待しています。

北条家が「真田丸」の訳の分からん矛盾を、全部背負って滅亡してくれたんだ、と思うことにします。

 

次回は第25回「別離」です。

お捨が死んで、いよいよ、秀次の殺生関白化が始まるのでしょうか。

真田丸 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

真田丸 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)