読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさるの厨二病日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

≪ドラマ≫ 2016秋ドラマ 始まる前の期待値が高いもの三選

ドラマ

【スポンサーリンク】

 

2016年、秋クールのドラマが発表されました。

夏クールは違い、これは見てみたいと思うものが何本かあったので嬉しいです。

今から期待値が高いドラマを三本、ご紹介したいと思います。

 

 

まずは第一話は確実に見ると思われるこれ。

 

夏目漱石の妻」NHK総合 毎週土曜日21時~(初回9月24日)

裕福な家庭に育った中根鏡子(尾野真千子)は、厳格な父・重一(舘ひろし)から学問は不要と育てられ19歳の時、夏目漱石長谷川博己)と見合いする。鏡子は漱石に一目ぼれ、漱石は屈託の無い鏡子の笑顔に魅了され二人は結婚、漱石が高校の教師として赴任した熊本での新婚生活が始まる。漱石は、帝大出のとびきりの知性派ではあるが、実は幼少時に養子に出され、家庭の温もりを知らずに育った過去を持ち、情緒の不安定な気難しい人物あった。鏡子は夫を理解しようと、夫が読むものを読み、夫の友人達に交わって難しい会話に入って行こうとするが、その世界のハードルは高くとても及ばない。やがて鏡子は初めて身ごもった子どもを流産、孤独から自殺未遂騒ぎを起こす。夫婦にとっての最初の危機の到来。果たして二人の前途はどうなる!?

                        (NHKホームページより)

 

長谷川博己夏目漱石を演じる」

この情報だけで、確実に見ることを決定。

妻の鏡子役が尾野真千子である点も、期待値が高いです。

長谷川博己は、「デート~恋とはどんなものかしら~」の高等遊民役で大好きになりました。

杏が子育て中なので難しいとは思いますが、「デート」の続編をぜひ作って欲しいです。

子育ては東出昌大がやればいいのでは、と思いましたが、そうすると「精霊の守り人」の続きが見れなくなるので悩むところです。(何が?)

 

 

逃げるは恥だが役に立つTBS 毎週火曜22時~

主人公・森山みくり(25歳)は、彼氏なし、院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切り、そしてただ今求職中。「誰からも必要とされない辛さ」を日々感じている。そんなみくりを見かねた父親のはからいで、独身の 会社員・津崎平匡(36歳)の家事代行として働き始めることに。かゆいところに手が届く働きぶりで津崎の信頼を勝ち取ったみくり。しかし、あるキッカケでその仕事も失いそうになる。そんなとき、将来に不安を抱え追いつめられたみくりは、ひょんな会話の流れから津崎に「就職という意味で結婚するのはどうですか?」と言ってしまう!
超真面目な津崎は、検討した結果、事実婚としての契約結婚を提案。2人は周囲には秘密にして、「雇用主=夫」「従業員=妻」として結婚することに。
2人は、周囲にばれずに新婚生活を過ごせるのか!? 恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下、徐々にお互いを意識し出す妄想女子とウブ男。契約結婚の行方は・・・!?

                     (TBSホームページより)

 

新垣結衣に、草食系塩顔眼鏡男子ってみごとなまでの自分ホイホイだな。

漫画が原作という不安要素はあるのですが、調べてみたら漫画も面白そうなので読んでみようと思います。

題名がちょっと、うーーーん??? という感じですが、内容が面白ければいいです。

 

 

「砂の塔~知りすぎた隣人~」TBS 毎週金曜22時~

主人公は、平凡だが家族仲良く暮らしてきた主婦・高野亜紀。煌びやかなタワーマンションに引っ越してきたばかりの高野家には、最新鋭のセキュリティに守られた“憧れの新生活”が待っている…はずだった。あの、恐るべき隣人・弓子(松嶋菜々子)に会うまでは――。

光り輝く塔の裏にひそむ、タワマン主婦たちの激しい虚栄心。“強制ハロウィン”“地獄のランチ”“フロア差別”“ゴミ出しにも正装” 傍目には滑稽にも見えるそんなアクの強い女たちの生態を、弓子は巧みに利用し、思いもよらない方法で亜紀を追い詰めていく…。
果たして、亜紀は大切な家族を守れるのか!? そして、弓子が高野家を狙う真の理由とは――!?

                       (TBSホームページより)

 

これは、内容にはまったく心を惹かれないのですが、菅野美穂が久しぶりにドラマに出る、しかも主演という点が気になっています。

たぶん、結婚以来ドラマに出るのは初めてだと思うのですが。

ただ困ったことに、内容はまったく見る気がおきません。

タワマンの主婦同士のいざこざって……、F1F2層を狙いうちにしているのだろうか。

サスペンス色を前面に出しているわけでもないから、男は見ないだろうしなあ。

「強制ハロウィン」と「地獄のランチ」には、若干興味がわきますが。

文字の倍角を上げて、テンションをあげてみようと思いましたが、余りあがりませんでした。

第一回のネットの評判を見て、面白そうだったら途中参戦するかもしれません。

 

 

今クールは、出演俳優で心ひかれるドラマが多かったです。

ここにあげた以外でも、NHKの朝ドラも菅野美穂高良健吾が出るので心ひかれていますし、安藤サクラが主演の「ママゴト」も地上波での放送ならば見たと思います。

 

あとは続編が多いなあという印象です。

ドクターXとか相棒とか、いつまでやるんだろう。

まあでも、自分も古畑任三郎とか大好きで、新作が作られたら喜んで見るので余り大きなことは言えません。

とりあえず、「夏目漱石の妻」と「逃げるは恥だが役にたつ」の二本は見てみようと思います。