読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさるの厨二病な読書日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

【漫画感想】「進撃の巨人」19巻までの感想

漫画

【スポンサーリンク】

あの……自慢をしてもいいですか??

 

主は、最初にマガジン本誌にリヴァイが主役の特別編が載ったときから、

「この漫画、すごく面白い」

と思っていました。

(連載じたいはもっと前からしていましたが、

本誌ではなかったので存在を知りませんでした。)

一巻から大ファンで、しばらくどハマリして、

ネットで他の方の解析とか読み漁りました。

 

ハマった理由はいろいろありますが、

一番は主が大好きな「世界の謎解明話」だから。

 

もうひとつは、普段から

「何故、謎を解明したいのか? それが何になるの?」

という質問に対して、

「解明することに理由なんてない。知りたいから知りたいんだよおお」

と思っている主の気持ちに、

主人公の気持ちがぴったりフィットしたから。

 

四巻第14話「原初的欲求」で、エレンが自分自身に問いかけている

「なんで外の世界に出なきゃいけないんだ?」

外には恐ろしい巨人が溢れているのに。

世界はこんなに残酷なのに。

わざわざ、外に出なくてもいいじゃん。

という当然の質問に対しての、

 

オレがこの世に生まれたからだ」

「それを見たものは、この世界で一番、自由を手に入れたものだ」

という答えに非常に共鳴したからです。

 

どんなに恐ろしくても、どんなに大変でも、

この世界に生まれたからには、この世界を知らなくてはならない、

世界のすべてをこの目で見なくてはならない、

そして、残酷だろうが何だろうが、その世界で生きなければならない

だって、この世界に生まれたんだから。

という思想が、「進撃の巨人」の根幹のテーマだと思うのですが、

今まで読んだどの漫画のテーマよりも、共感しています。

 

そのことを、友達のアルミンに教えてもらった、という設定がまたいいですねえ。

外見からはキワモノっぽい邪道に見えても、

進撃の巨人」の中身は王道の少年漫画です。

 

他の既存の少年漫画と違うところは、

一番大切な戦う理由が、誰かのためにということではなく、

「自分自身をこの世界に存在させるため。そして、この世界のすべてを知るため」

ということです。

存在意義をかけて戦う。

戦い方がちょっと違うだけで、現代社会と一緒ですね。

主はこの点が、この漫画の一番素晴らしいところだと思います。

 

↓↓↓  以下、19巻より先のネタバレが少しあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

最新話80話「名も無き兵士」で、

「どうやって死のうが意味なんてないですよね?」

という、名も無き一兵卒の

 

自分の死はまったく意味のない犬死で、

いったい自分は何のために生まれてきたのか??

 

という質問に対して、エルヴィンがこの漫画のテーマを熱く答えます。

 

「まったくもって無意味だ。どんなに夢や希望を持っていても、

幸福な人生を送ることができたとしても、岩に砕かれても、同じだ。

人はいずれ死ぬ。

ならば人生には意味がないのか?

そもそも生まれてきたことに意味はなかったのか?

死んだ仲間もそうなのか?

あの兵士たちの死も……無意味だったのか?」

 

「いや、違う!! あの兵士たちの死に意味を与えるのは我々だ!!(中略)

我々はここで死に、

次の生者に意味を託す!!」

 

全わたしが号泣。

 

人は自分自身の人生に意味を与えるためだけに、生きているのではないんです。

自分の人生をかけて、無意味に見えた誰かの人生に意味を与えることができる。

そういう風に誰かのために意味をつなげば、

自分の人生一個は無意味に見えても、

そのつながりの中で、他のたくさんの誰かが生きる歴史ができていくのだと思います。

 

無意味な犬死に見える仲間の人生に意義を与えるために戦い、

後世の人に存在意義を託して、今は無意味に死んでいく。

 

「苦しくても、その時代を生き抜いた人がいるから現在がある」

 

というのは、漫画「親なるもの 断崖」に出てきたセリフですが、

その意味をかみしめて、豊かで平和な現代を生きたいと思います。

 

歴史が続く限り、無意味な死などひとつもないと思います。

 

リヴァイがエルヴィンに巨人化の薬を渡した説もありましたが、

主はここまで言ったなら、

エルヴィンにはぜひ、他の人に自分の人生の価値を託して、

今は無意味に死んでほしいと思っています。