うさるの厨二病な読書日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

【ダークファンタジーの傑作】 「ゲーム・オブ・スローンズ」 シーズン5「竜との舞踏」あらすじ&ネタバレ感想

【スポンサーリンク】

 

海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン5のあらすじ&ネタバレ感想です。

前回シーズン4「戦乱の嵐ー後編ー」のあらすじ&ネタバレ感想はコチラ↓

www.saiusaruzzz.com

 

 シーズン5「竜との舞踏」あらすじ

「北部の動向」

野人との戦いにからくも勝利した「冥夜の守り人」は、およそ半数の死者を出し、窮地に追い込まれる。

選挙で総帥に選ばれたジョン・スノウは、野人と同盟を結び、ホワイト・ウォーカーから人類を守ることを決意する。

野人を説得し、壁に来させることができたものの、野人との同盟に反対するアリザー・ソーンの一派により殺される。

 

「壁」から離れたスタニス軍は、ウィンターフェルに向けて進軍するが、途中で大雪に見舞われ、兵士と軍備の半分を失う。

そこをボルトン軍に襲われ、壊滅する。

重傷を負い戦場を彷徨うスタニスの前にブライエニーが現れ、レンリーの敵としてスタニスを処刑する。

 

「王都キングスランディング」

サーセイの願いによって、ジェイミーとブロンはミアセラ王女を奪還するためにドーンの宮殿に侵入する。

ドーンの君主ドーランは戦は望んでおらず、サーセイの要求通り、ミアセラを王都に帰すことに同意した。

しかし、愛人オベリンの復讐を誓うエラリア・サンドの手によって毒をもられ、ミアセラはジェイミーの腕の中で息絶える。

 

王都では七神の教えを厳格に守り、人々に厳罰を加える「雀」が強い力を持ちつつあった。サーセイはタイレル家を陥れるために、「雀」のトップである雀聖下(ハイ・スパロー)を取り立て、強い権力を与える。

サーセイの目論見通り、タイレル家のロラスは同性愛の罪に問われ、マージョリーは兄をかばった偽証罪に問われ、牢獄に入れられる。

しかし「雀」となったかつての愛人ランセルの告発により、サーセイ自身も姦淫の罪に問われ、牢獄につながられる。

サーセイは素裸で町中から宮殿までを歩く「恥辱の道」を歩かされることで、罪を許される。

 

「自由都市」

父タイウィンを殺害し、自由都市にやってきたティリオンに、ヴァリスはデナーリスに仕えるよう説得する。

デナーリスは、親方と奴隷の対立によって荒れるミーリーンの統治に苦しんでいた。奇妙な仮面をかぶった「ハーピーの子供たち」がそこかしこで反乱を起こしており、忠実な臣下だったバリスタン・セルミーが殺される。

デナーリスは伝統を重んじ、闘技場を再開させることにする。

慣習で闘技場に姿を現したデナーリスを、「ハーピーの息子たち」が襲う。

間一髪のところに、行方不明だったドラカリスが現れ、デナーリスを救い大空に飛びたつ。

 

ちゃんと終わるのか心配になってきた

ティリオンがデナーリスに仕えることになり、ついにウェスタロス大陸の物語とデナーリスの物語がリンクしました。

デナーリスとディリオンが出会ったときは、感動しました。

ついに二つの物語が重なった。

 

心配なのは、このドラマは本当にちゃんと終わるのか??ということです。

恐らく最終的にはデナーリスが七王国の女王になり、竜を率いてジョン・スノウたちとホワイト・ウォーカーと戦う、という風になると思っているんですけれど、まだデナーリスがウェスタロスに来てすらいません。

サーセイが予言された「自分より若く美しい女王に何もかも奪われる」って、デナーリスのことだと思うので。

 

せっかくの骨太の物語なのですから、原作もドラマもきちんと終わらせて欲しいです。

 

大好きな登場人物が死にまくる

そりゃあ今までもたくさんの人が死んできましたが、苛酷な運命の物語なのだから仕方ない、そう思っていました。

 

でも、今回は参った……。

 

バリスタン・セルミーも好きだったので、死んだのは残念でした。でもバリスタンの一生は、むしろ幸せだったと思います。

f:id:saiusaruzzz:20170116165120p:plain

(引用元:ワーナー・ブラザーズ公式サイト)

 

最後の最後まで「王の盾」として生きられ、そして最後に仕えた人がデナーリスなんですから。無念と言えば、デナーリスをもう守れなくなることくらいだったと思います。

グレイワームのことも助けられたし。死にざまも無双っぽくて恰好よかったですね。

 

じゃあ誰かって……。

そりゃあ、シリーンですよ、シリーン王女( ノД`)シクシク…

 

もうかわいそうでかわいそうで、第9話を見たときは気絶しそうでした。

このドラマの世界は、生きている人全員がかわいそうだし、シリーンより幼い子供だっていっぱい死んでいる。それは分かります。

 

でも、このドラマは親子愛もすごいんですよ。

「あんたには嗜みも情も純真さもない」と罵られていたサーセイでさえ、「子供を守るためなら、この世界を焼き尽くす」って言っているし、野人の女性も子供を守るためにホワイト・ウォーカーの大軍と必死に戦っていました。(堅牢の家にいた、野人の女性です。この人、すごい好きなのに、出てきてすぐ死んだ。)

誇り高くて高潔なネッドも娘の安全のために「自分は反逆者だ」って嘘の告白をしたし、ライサみたいな人でも息子のロビンをすごく愛している。

 

そんな中で何の罪もない心優しい女の子が、自分の父親と母親によって殺されるなんて、一体なんなんだ!!??と思うわけです。

しかも火あぶりなんて、シーズン4の最後で野人を統一した偉大な王であるマンスでさえ、すさまじい悲鳴をあげていたのに。

マンスの場合は、ジョンが苦しまないように介錯してあげたけれど、十歳かそこらの女の子があんなにすさまじい悲鳴をあげてそのまま死ぬなんて……。

 

しかも周りの奴らが、誰一人としてとめない…。

 

スタニスもやるなら、せめて娘が黒焦げになるのを目の前で見てろ、と思うのですが、それすらしない…。

セリースも首を吊って死にましたが、そんな生半可な覚悟なら最初からやるなよと思って腹が立って仕方がありません。三百回くらい首をつって欲しい。

 

このドラマの恐ろしいところは、こんなひどくて悲しい死に方をしたシリーンの死が、何の意味もなかったという点です。

結局、スタニス軍は大敗して、スタニスは殺されて、一体、シリーンは何のために死んだんだろう。

スタニスが一番、そう思っていたとは思いますが。

自分が愛して信頼していた父親の手によって、たった十歳かそこらで誰にも止められることもなく火あぶりにされて苦しみながら死んだシリーン。かわいそうでかわいそうで仕方がないんですけれど、スタニスやセリースを責める気持ちも起こりません。(責めましたが。)

 

どれほど権力を持っていて、どれほど強くて、どれほど賢く見えても、人間というのは運命の前には、どうしようもなく弱くて愚かで、世界というのは恐ろしいほど苛酷で残酷なんだ。

どれほど怒ろうとも、どれほど嘆こうとも、どれほどおかしいと叫んでも、世界や運命の理不尽さや残酷さは一ミリも変えられない。

このドラマはそういうどうしようもない無力感を、追体験させてくれます。

 

だから、このドラマに出てくる人たちは、みんなこれほど残酷なんだ。

だから、闘技場で人が死ぬまで殺し合う姿に、老若男女あれほど熱狂するなんだ。

だから、自分より少しでも弱い人間を見つけると、死ぬほどいたぶることに喜びを覚えるんだ。

優しくても温かくても、それが何の力も持たないことを知っているから。

 

誇り高くて高潔で公正なネッドは反逆者として殺され、

ホワイト・ウォーカーと戦うために、野人も国民として認めようとしたジョンは反逆者として憎まれ、

賢くて公平で心優しい王女だったシリーンは、何の罪もないのに火あぶりにされる。

 

正義がないどころか、理屈すらない。

ある日、空から何かの鉄槌が振り下ろされて、特に理由もなくそこにいた人をすりつぶす、そんな世の中で人を思いやる気持ちを持ち続けるのは、本当に難しいと思います。

 

「ゲーム・オブ・スローンズ」を見ていると、「愛や倫理や優しさや人間らしさというものに価値がある」という価値観が当たり前のようにある(その価値観が実践されているかはともかく)時代に生まれただけでも幸せなんだな、としみじみ思います。

f:id:saiusaruzzz:20170116105702p:plain

(引用元:http://chocoalatv.blogspot.jp/

 

この画像を見るだけで泣けてくる(´;ω;`)

ダヴォスとシリーンの最後の会話、すごく好きなんだけれど、まさかあれが別れのフラグだったとは…。

 

その他のこと

ブロンとジェイミーのタッグが、すごく良かったです。

まさか、こんな夢のような展開があるとは。すごい気が合っているし。

ジェイミーとブロンの会話の中に、ティリオンの話が出てきました。この会話から感じ取れる、ブロンとティリオンの距離感がすごい好きです。

ブロンみたいな人が、熱い友情を感じていたら、逆に嘘くさいなと思います。自分の利益が最優先なのは絶対だけれど、心のどこかで気にしているみたいな感じがいいです。

この二人も、いつか再会するんですかね。

 

今までジョンのことは、そんなに好きでもキライでもなかったんですけれど、シーズン5はすごく良かったです。

良いと思ったら、死にましたけれど。

オリーの気持ちもすごく分かるので、責められません。歴史を断ち切る、というのは大変ですよね。

 

サーセイの自縄自縛っぷりに笑いました。

確か「姉は賢いが、自分で思うほどは賢くはない」というティリオンのセリフがあったと思いますが、これほどサーセイを的確に表したセリフはないと思います。

掘った落とし穴に自分で落ちた、みたいな。何やってんだろう、この人、と思いました。

 

あっちでもこっちでも物語が動いて、特にデナーリスとティリオンが出会ったときは、歴史の一場面に遭遇したような興奮を覚えましたが、シリーンの死にぜんぶ持ってかれました。

ハートブレイクがすさまじい。

 

気を取り直して、シーズン6を見たいと思います。

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏 DVD コンプリート・ボックス (5枚組)

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏 DVD コンプリート・ボックス (5枚組)

 

シーズン5はブラン一行がぜんぜん出てこなかったけれど、元気なんだろうか。

 あと、ジェンドリーはどうなったんだ???