うさるの厨二病な読書日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

ネット社会で増殖中? 「歪んだ自己愛型人間」とは。佐藤優「嫉妬と自己愛」をわかりやすく解説&感想

【スポンサーリンク】

 

時代と共に、人間も変化する。

佐藤優の「嫉妬と自己愛」の中では、かつては「嫉妬」を原動力として組織内で他人の足を引っ張ったり、それを向上心に変えて上を目指す人間が多かったが、現代はそういう「嫉妬型」の人間がいなくなり、代わりに「歪んだ自己愛型」の人間が増えてきたということが書かれている。

 

「嫉妬」とは何なのか。「自己愛」とは何なのか。

「歪んだ自己愛」を持つ人間とは、どんな人間なのか。

そういう人間の特徴や、一体何が問題なのかを、ベストセラーになった小説を用いながら、非常に分かりやすく解説している。

 

分かりやすく面白いのだが、通読すると、話が重複していたり、あちらに飛んだりこちらに飛んだりしていてかなり混乱する。

自分の頭を整理するために、内容を整理して解説した上で、最後に感想を述べたい。

 

「嫉妬」とは何なのか?

佐藤優が外務省に勤めていた時代、1990年代ごろ、非常に「男の嫉妬」に悩まされたという。

また佐藤優と親しかった鈴木宗男は、この「嫉妬」という感情がまったく分からず、自分がロシアに強いパイプを持っていることを他の政治家が強く妬んでいることにまったく気づかなかった、という話が出てくる。

 

この話は、組織や政治家の権力闘争の話なので、「嫉妬」という感情で語りきれることなのか、疑問に思う。

「嫉妬の世界史」の著者山内昌之は、嫉妬を「他人が幸福であり順調であることをねたむ感情」と定義している、と言っているので、広義にみれば「嫉妬」と言っていいのかもしれない。

 

佐藤と対談した精神科医の斎藤環は、さらに「嫉妬」と「羨望」は違うと語る。

 

「嫉妬」は、自分よりもずっと上にいる人間に対して「自分もああなりたい」と思う感情。

「羨望」は、嫉妬する相手よりも自分に近い位置にいる人間に対してわく感情で、だから相手を貶めたくなる。

 

「嫉妬」は非常に厄介な感情ではあるが、同時に組織を動かすエネルギーや向上心にもつながる感情なので必要な感情。だから組織は、「嫉妬」をうまく使いこなす「嫉妬のマネジメント」が必要だ、と佐藤優は語っている。

一方、「羨望」はネットの炎上などに代表されるように、「自分より少し上にいて、常々面白くないと感じていた相手を、引きずりおろそうという感情」。「嫉妬」とは違い、好ましくない感情だ。

 

今の時代は人の心から「嫉妬」がなくなり、「歪んだ自己愛」や「羨望」にとって代わられている。

 

「自己愛」とは何なのか?

「自己愛」というと、ナルシズムや「自己中」を思い浮かべ悪いイメージで捉えられがちだが、本書の「自己愛」の定義は違う。

人間が社会で生きていく上で、絶対に必要な感情だ。

 

佐藤優が例に上げたのは、キリストが語った

「汝自身を愛するように、汝の隣人を愛しなさい」

という言葉だ。

「自分を理解し、愛し、尊重し、認めることができるからこそ、他人を理解し、愛し、尊重し、認めることができる」

「自分を愛することができなければ、他人を愛することはできない」

 

日本語のイメージとしては、「自尊感情」や「自己肯定感」のほうが近いと思った。

「自己愛」というとうまくイメージできない人は、言葉を読みかえたほうが分かりやすいかもしれない。

 

精神科医の斎藤環によると「自己愛」は、「プライドと自信」という二つの成分に分かれるという。

「プライド」は、精神分析学でいうところの「自我理想」。

心の中に抱く見栄やこだわり、高い理想のイメージのことを言う。これが高すぎると余りに理想とかけ離れた自分に嫌気がさして「どうせ俺なんて」という思いにとらわれやすい。

「自信」は、精神分析学でいうところの「理想自我」

事実とはまったく関係ないところの、「オレってイケている」という感覚のことを言う。これがいきすぎると「自己中」になる。

 

現代で問題になっている「引きこもり」は、「自信」が極端に貧弱になり、「プライド」がどんどん肥大化していることが多い。

「引きこもり」は「自殺する」と言っても、本当に自殺することが少ない。斎藤環によれば、これは自殺学の常識では考えられないという。

それは多くの「引きこもり」が、「いびつになっているけれど、健康な自己愛を持っているからだ」という。

引きこもって生きている人は、自分を愛し他人を愛することができる「健康な自己愛」を持っているが、その成分である「自信とプライド」の二者のバランスが極端に悪いために、外に出ることができない。

 

健全な自己愛とは、「健全な他者性」(の認識)である、と定義できる。

 

「不健康で歪んだ自己愛」とは何か?

「健康な自己愛が、健全な他者性の認識」であるならば、「不健康で歪んだ自己愛」は、「他人の気持ちを考えることができない」「他人を他人として考えることができない」ということになる。

 

「歪んだ自己愛」を持った人間は、「自分が特別である」という強い信念を持っている。

当たり前だけれど、「自分で自分は特別」と思っていても、社会に出れば「自分は他人にとって、特別でも何でもない」現実に向き合うことになる。

このとき、「歪んだ自己愛」を持つ人間は、二つの選択を迫られることになる。

社会に自分が飲み込まれるか。

自分が社会を飲み込むか。

 

社会に飲み込まれた場合は、家族・パートナーなど近しい人間以外には影響は及ばない。

しかし「歪んだ自己愛が強い人間」が社会を飲み込むことを選ぶと、人間関係に歪みが出る。その代表例がストーカーだ。

「歪んだ自己愛」を持つ人間にとっては、他人というものは、すべて自分のために存在する。

「拒絶されているのだから、相手のためを思うなら、相手の前からいなくなることが本当の愛情だ」こういう発想がない。

 

「歪んだ自己愛」を持つ人間の特徴①

「歪んだ自己愛」を持つ人間をどう見分けるか? もしくは自分がそうかどうかをどう見分けるか?

見分ける方法のひとつとして、佐藤優は「フィリア」が築けるかどうかをあげる。

 

人間には①エロス②アガペー③フィリアと三つの愛があるという。

エロスは、自分が欠けているものを追い求める気持ちで、男女の性愛や芸術や思想に対する情熱なども含まれる。

アガペーは「慈愛」「慈悲」とも呼ばれるもので、見返りを求めない無償の愛のこと。親子愛がこれに近い。

フィリアは、純粋な友情、友愛のことだ。対等な人間同士の愛のことである。

人生や仕事で挫折したときに、腹を割って話すことができるような関係がフィリアである。

 

「歪んだ自己愛」を持つ人間は、「他者が独立した名誉と尊厳を持つ人格である、ということが理解できない」「他者の固有性を受け入れられない」ので、このフィリアを構築することができない。

 

本書の中では、このフィリアが築けない人間を理解するために、柚木麻子の「ナイルパーチの女子会」という小説をあげている。

最初は気が合ったのに、同性の友人同士になれない二人の女性の関係性を描いた物語だ。

ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会

 

 

エリコというキャリアウーマンは「相手を自分に完全に同一化させようとする」人間として描かれ、翔子という主婦は「人格と人格が触れ合う場所に自分をおくことから逃げることで、頑なに他者を受け入れようとしない」

エリコが翔子と友人になりたくて、ストーカーまがいのことをするという物語だが、他者の固有性を受け入れられないという点では、二人とも同じであると解説されている。

 

「歪んだ自己愛」を持つ人間の特徴②

もうひとつの特徴としては、「社会に飲み込まれそうになったときに、試合に出ない」という選択肢をする人間を上げている。

「上にいきたくはなくてそこそこでいいけれど、中の中以上でないと嫌だ」

「自信はないけれど、周りからは一目おかれたい。馬鹿にされるのは嫌だ」

試合にでなければ、「俺はまだ実力を出していないから」「私は、そんな低レベルのところでは争わない」そう言い訳し、勝つことも負けることもしないことによって自我を守っている。

 

他のどんなことよりも「自己愛を守ることが大切」。そういう人間が増えている、と語られている。

 

「歪んだ自己愛」を、SNSが支えている。

リアルでは承認欲求が満たされない「非リア」であれば、本来であれば現実で孤立を認識せざるえない。

そういう現実に直面して、悩み苦しみながら他者との関係性を構築していく、あるいは自己愛が徹底的に壊される状況になるのだが、現代はそれをSNSが緩和してしまっている。

その結果、「歪んだ自己愛」が温存されてしまう。

 

「現代は歪んだ自己愛の時代」最初はそういうテーマだった。

佐藤優は執筆当初、現代は「嫉妬の希薄化→歪んだ自己愛の時代」と思っていたそうだ。

しかし村田紗耶香の「コンビニ人間」を読み、「自己愛を喪失した」人間が現れているのではないかと考えるようになる。

 

「コンビニ人間」は、コンビニと自己を完全に同一化させてしまった主人公の物語なのだが、それでいながら自分と同一化しているコンビニを馬鹿にされても、主人公はそれを他人事のように受けとめる。

「自分を愛することを忘れてしまっているが、生きていかなくてはならない」

「だから他のものと同化することによって、自我を喪失させている。しかし、その自我を同化させたものを馬鹿にされても平気。何故なら自己愛がないから」

 

自尊心や自我がないから、いくら否定されても馬鹿にされても平気、というのは、確かに恐ろしい話である。

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 現代はフィリアを持てずに自己愛を歪ませる「ナイルパーチ型」か、自己愛を持たない「コンビニ型」がどちらかの人間が増えている。人が生きる道としてこの二つの型に二極化するのではないか、というのが佐藤優の意見である。

 

感想:話としては面白いが、現実はどうか?

話としては読んでいてとても面白かったのだけれど、「本当にそうか?」と言われると首をひねる部分もあった。

 

「嫉妬型」も「歪んだ自己愛型」も「コンビニ型」も、いつの時代にもいたのではないかと思う。

特に自我や思想を他人や組織に預けてしまう「コンビニ型」は、むしろ昔のほうが多かったと思う。

戦時の日本人なんて、大なり小なりほとんどそうだと思うし、自分より上の世代でも例として「自分の夫と自我が根っこでつながっている奥さん」というのは、頻繁に見かける。男女問わず自分の所属組織に思想や自我を預けている人というのは、けっこういる。

 

「自我」「個人」という概念自体が、日本では戦後に重視されるようになったと思う。戦後から高度経済成長期がむしろ特異な時代で、あの頃、そういう概念が出始めだったからトレンドになっただけで、現代は価値観が元に戻っただけじゃないのか? とすら思う。

 

ただ戦前とは違い、「自我」「個人」というものが尊重されている現代で「自我や個性を大事にでき発揮できるのに、それが重荷で自ら捨てる人間がいる」というのは、非常に残念に思う。

ドストエフスキーが「カラマーゾフの兄弟」で大審問官の口を借りて語ったように、「人間にとって考えることや自由というのは、結局、重荷なのか?? それを取り上げて、パンとサーカスだけを与えてあげたほうが幸せなのか?」と思うと、何とも悲観的な気持ちになる。

 

現代は余りに情報が多いので、頭も混乱するし、傷つきやすくもある。

でも心があれば傷つくのが当たり前だし、色々な人がいて多様性があるからこそ、自分の意見を否定する人もいるし、喋れば批判されることもある。

全員から肯定されることはありえない。

傷つくこと、否定されること、それが自分にも他者にも保障された自由であり、多様性の証左だと自分は考える。

 

傷つくのが怖いから、否定されることが怖いから、傷つく自我を捨てる。もしくは自分ではない何者かに仮託する。そうやってその仮託先が暴走を起こしたとき、何が起こるかというのは、もう戦争やオウムでさんざん学んできたと思う。

 

どんなに傷ついても、人はやはり自我というものを手放してはいけないと思う。

ましてや自分が否定されること怖さに、「人を否定するな」と他人の「他者性を侵害する」というのはいかがなものかと思う。

先日、ネットでそういう言葉を読んだ。

「否定された内容」を受け入れるか入れないかは自由にすればいいけれど、「自分を否定する他者の存在を否定する」ということは、本当に恐ろしいし、その恐ろしさに気づいていないことが恐い。

「色々な人がいる」のだから、「自分の意見を否定する他者がいる」のは当然のことだと思う。(繰り返すが、その意見を受け入れるか入れないかは自由。)

 

SNSが「歪んだ自己愛」を持つ人間を支えているのは、その通りだと思うけれど、個人的な感覚では「リア充」と「非リア充」以外の第三の勢力「ネト充」という人たちが出てきていると思う。

リア充は、ネットをコミュニケーションツールとして活用していない層。(するとしてもリアルでつながっている人としか、ネットでもつながらない。)

これに対してネト充は、ネットで知り合った人たちとリアルでもつながることに抵抗がない人。リアルを充実させるツールとして、ネットを使う人たちである。

この人たちはたぶん「ネットのコミュニケーションよりもリアルのほうが上」という感覚はないと思う。

ネットだろうがリアルだろうが、コミュニケーションはコミュニケーションというタイプで、こういう人たちが入り混じることにより、「リア充」「非リア充」という概念自体が古くなっていくのではないか、と個人的には考えている。

 

全体的には、今の時代が問題であるというよりは、「個人主義」が新しい概念として登場して熱に浮かされたようにそれを賛美していた時代から、

「確かに自由や個人を大切にし、人それぞれが各々の個性を発揮して生きれることは字面だけ見れば理想的で素晴らしいことに見えるけれど、そんなことが本当に可能なのか?? 個性を発揮して自由に生きることで、本当に人間は幸せになれるのか?? むしろ個性なんて、自我なんて失って、コンビニに自我を預けたほうが幸せなんじゃないの? 否定されても平気だし、傷つきもしないし」

そういうことが、現実的に問われる時代になったのではないかと思う。

 

「国のために生きる」「頑張れば頑張るほど豊かになる」 

そういう言い訳も報酬もない時代で、どこまで自我を手放さずに、自己愛を歪ませず、自分を否定する他者の存在も多様性と認めて、傷つきながらも自分として生きていけるか。

そういうことを一人一人が問われる時代になったんだ、と思った。

 

それがイヤなら、パンとサーカスを天からもらう奴隷になるしかない。

嫉妬と自己愛 - 「負の感情」を制した者だけが生き残れる (中公新書ラクレ)

嫉妬と自己愛 - 「負の感情」を制した者だけが生き残れる (中公新書ラクレ)