うさるの厨二病な読書日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

≪ドラマ≫「ゆとりですがなにか」 第三話感想

【スポンサーリンク】

 

 日テレドラマ、宮藤官九郎脚本「ゆとりですがなにか」第三話の感想です。

 

第一回、第二回の感想はコチラ↓

saiusaru.hatenablog.com

 

 やまじー最高ーーー!!

まりぶ最高ーーー!!

 

そうだそうだ、もっと言ってやれ( `ー´)ノ

 

主人公三人は、ただ真っ当にがんばって生きているのに、周りにクソな奴らが多すぎる。

 

居酒屋での教員たちの飲み会で、まりぶが

「つまんねーこと喋ってないで、もっと本当のことを言ったらどうですか?」

っていうシーン、過去最高にスカッとした。

 

あの佐倉とかいう女、なんなんですか????

自分が正しいと思っていて、しかも女の武器も使うあたり山岸よりもムカつく。(山岸の場合は確信犯というか、天災みたいなものなので。)

 

あかねちゃんが言っていた

「ああいう気の強い子はさ、大人って認めて欲しくて、それでたまに女子として可愛がって欲しいんだよ」って……。

 

皆さん、一緒に叫びましょう。

超めんどくせーーーーー!!!

佐倉くらい、若くて可愛い子なら許されるんでしょうか。ケッ( `ー´)

 

あかねちゃん、自分がそうして欲しいんだろうな……。

分かっていると思うけれど、正和じゃ無理だよ。

 

 

「正和とあかねちゃん」

童貞やまじとあかねちゃんって、すごくしっくりきてお似合いに見える。

少なくとも佐倉とよりは。

正和もあかねちゃんのことが大好きだから、やまじ×あかねの線はないんだろうけれど。

 

最初はなんで岡田将生の相手役に安藤サクラなんだ、と思ったけれど、ここまで見ると絶妙な配役だなと思いました。

 

仕事ができてしっかり者で、彼氏にさえ甘えられない、同い年なのに年上女房どころか、すでにお母さんの貫禄。

正和とあかねちゃんの関係って、

「大好きなお姉ちゃん、ママにくっついているボク」って感じだもんなあ。

これは女性はけっこう疲弊しそう……。

 

いやあ、男性の言い分もわかりますよ。

勝手にオカン化しといて、何を言っとんじゃ、ってね。

関係というのは、二人で作るものなのでどっちが悪いってことではないですよね。

 

佐倉といるより茜ちゃんといるやまじのほうが、正和といるより、やまじといる茜ちゃんのほうが自然に見える。

 

自然でいられたら、それは恋じゃないですよ( *´艸`)

 

と言われたら、そうかもしれませんねと言うしかありませんが。

 

「やまじは本当にいい先生」

「生徒をもっと、信頼してあげてもいいんじゃないですか?」

っていう、やまじのセリフにジーンときました。

 

「学校のいじめ問題」に対する、ネットの不特定多数の言葉を通して生徒を見るんじゃなくて、目の前の生徒個人を、自分個人で見てあげて。

 

下村さんは「生徒」だけど、それ以前に一人の人間だよね。

佐倉先生も「先生」だけど、先生の前に一人の人間だものね。

まずは個人と個人なんだよ、自分もそう思います。

 

「いじめの被害生徒」というレッテルを貼るんじゃなくて、「下村さん」を「下村さん」というひとりの人間としてみて、その言葉をちゃんと聞こうとするやまじは、本当にいい先生だと思います。

 

そういうやまじの真価を、この佐倉っていう子はちゃんとわかっているのだろうか???(こればっかりだな。)

 

「まりぶはいい奴」

まりぶが、いい奴すぎて泣ける。

まっすぐで純粋で、人のために怒ってばっかりいて、「あんた、間違っていないのに」

って、言ってもしょうがないかもしれないけれど、「正しいことばかりで、世の中はできていない」って言われれば、そうかもしれないけれど、

正和にそう言ってあげるまりぶが大好きです。

 

きっと立派に育ったって、YOUも喜んでいるよ。

 

誰も知らない [DVD]

誰も知らない [DVD]

 

 来週は、まりぶとゆとりがややこしいことになるんですかね??

 

来週の予告を見ると、まりぶが山岸を蹴飛ばしていたので、それが今から楽しみです。