うさるの厨二病な読書日記

厨二の着ぐるみが、本や漫画、ゲーム、ドラマなどについて好き勝手に語るブログ。

こんな風に物語を読んでいる。

ブログを書くようになってから、「物語を読む」とはどういうことかを特に考えるようになった。 このブログを書いている人は、こんな風な考え方に基づいて創作を読んで、感想を書いているんだなあと心にとめて記事を読んでくれると嬉しいと思い、自分の物語の…

「紅蓮館の殺人」の解決部分の説明が、なぜおかしく感じたのかをもう少し考えてみた。

www.saiusaruzzz.com 前回の「紅蓮館の殺人」の感想の続き。ネタバレがあるので注意。 「犯人の行動(犯行を含む)の根拠に犯人の性格を持ってきているけれど、それは根拠にならないのでは」ということを書いた。 タイムリーな記事を読んだので、補足的に考…

【小説感想】館が燃え落ちるまで残り35時間。事件を解決できるか。阿津川辰海「紅蓮館の殺人」

山火事に巻き込まれて逃げ込んだ館で起こった、吊り天井による殺人事件。館が燃え落ちるまでの残り35時間で、殺人事件を解決し、館から脱出することができるか。 「タイムリミット」「クローズド・サークル」「吊り天井」このあたりのワードで興奮した人は、…

【漫画感想】「モンキーピーク」とは何だったのか。

「モンキーピーク」が全12巻で完結した。 モンキーピーク 12 作者: 志名坂高次,粂田晃宏 出版社/メーカー: 日本文芸社 発売日: 2019/10/18 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 想像以上にやっつけな終わり方だった。 内容のつじつまやキャラの掘…

「デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する」からデジタル断捨離について学ぶ

デジタル・ミニマリスト: 本当に大切なことに集中する 作者: カル・ニューポート,長場雄,佐々木典士,池田真紀子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2019/10/03 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 最初にこの本の概要について説…

リアリティ溢れる警察小説・奥田英朗「罪の轍」の映画化、ドラマ化を熱望する。

罪の轍 作者: 奥田英朗 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/08/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 1963年に起こった「吉展ちゃん誘拐事件」をモデルにして描かれたフィクション。 幼いころ義父から虐待された影響で脳機能に障害を抱え、周…

【2019-2020シーズンBリーグ】開幕から早くも波乱万丈の予感でわくわくする。

10月3日(木)に、Bリーグが開幕した。 www.bleague.jp 千葉は渋谷相手に二連敗スタート……。うーん、きつい。 千葉ファンとしては大ダメージなんだけれど、千葉VS渋谷、川崎VS宇都宮と四戦見て、嬉しくなった。 「Bリーグが、どんどん面白くなっている」。 …

「鉄血のオルフェンズ」なぜ、雪之丞は鉄華団を止めなかったのか?という疑問から、物語を支配する恐ろしい回路の存在を妄想する。

これまでの感想の変遷 (一期を観終わった直後) www.saiusaruzzz.com (全話観終わった直後) www.saiusaruzzz.com www.saiusaruzzz.com (全話観終わった一年後) www.saiusaruzzz.com これだけ書いても「オルフェンズ」について、腑に落ちない部分がある…

【ゲーム感想】トゥルーエンドのあとも「支配ー被支配」のループから抜け出せない「レイジングループ」にがっくりくる。

*PS4「レイジングループ」と「宇宙よりも遠い場所」の五話のネタバレを含んでいます。 レイジングループ 【同梱特典】特製ステッカー 同梱 - PS4 出版社/メーカー: ケムコ 発売日: 2018/01/25 メディア: Video Game この商品を含むブログ (3件) を見る …

アガサ・クリスティの後継者と謳われるP・D・ジェイムズのデビュー作「女の顔を覆え」感想

P・D・ジェイムズの「女の顔を覆え」を読んだ。 女の顔を覆え (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 129-6)) 作者: P・D・ジェイムズ,山室まりや 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1993/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る P・D・ジェイムズ…

田中芳樹「灼熱の竜騎兵」(レッド・ホット・ドラグーン)の続きを妄想してみた。

灼熱の竜騎兵 1 (EXノベルズ 35-1) 作者: 田中芳樹,北爪宏幸 出版社/メーカー: エニックス 発売日: 2002/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 「灼熱の竜騎兵」既刊のおさらい 2504年、惑星ザイオンは建前上は自治権を認められていたが、…

新海誠監督「天気の子」を他の作品と比べて、あれこれ考えた。

*内容のネタバレを前提にして書いています。未視聴のかたはご注意ください。 しつこく「天気の子」の話を続ける。 www.saiusaruzzz.com www.saiusaruzzz.com 「天気の子」を観ているあいだ、色々な作品が頭に浮かんだのでその話。 その1「火垂るの墓」 前…

「アイ・アム・冒険少年」を見ていて、自分は伊沢拓司と鈴木奈々に共通するここが好きなんだなと思った。

昨日、放送された「アイ・アム・冒険少年」が面白かった。 自分は伊沢拓司が好きで、出ている番組はつい見てしまう。 「東大王」も仕事で見れないときを除いてはよく見ている。 「高学歴なのに」みたいに茶化したりするものは好きではないが、「東大王」は、…