うさるの厨二病な読書日記

厨二の着ぐるみが、本や漫画、ゲーム、ドラマなどについて好き勝手に語るブログ。

村上春樹・柴田元幸「本当の翻訳の話をしよう」を読んで、黒原敏行の翻訳にだいぶお世話になっていることに気づいた。

本当の翻訳の話をしよう 作者: 村上春樹,柴田元幸 出版社/メーカー: スイッチパブリッシング 発売日: 2019/05/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 村上春樹と柴田元幸の翻訳についての本を読むのは、「翻訳夜話」「翻訳夜話2 サリンジャー戦記…

コーマック・マッカーシー「ザ・ロード」が素晴らしかったので、個人的な解釈を語りたい。

映画化もされたコーマック・マッカーシーの「ザ・ロード」を読んだ。 ザ・ロード (ハヤカワepi文庫) 作者: コーマック・マッカーシー,黒原敏行 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2010/05/30 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 54回 この商品を含むブロ…

「相手にも自分と同じクズでいて欲しい」気持ちを描いた、樹なつみ「パッション・パレード」の神回。

www.saiusaruzzz.com 「蟻の棲み家」は「分断する自分」への無頓着さが気になり、自分の中でかなり評価が低い。ただ感想記事でも紹介した 「安易な区分けは不当に誰かを貶める危険がある。そして不当に貶められた人たちは誇りを叩き壊されて、規範意識を持て…

最貧困男子の苦闘を描いた、望月諒子「蟻の棲み家」は、どうしても他の作品と比べてしまう。

「蟻の棲み家」あらすじ 東京都内の河原で、顔をつぶされた男の死体が発見された。 同じころ起こった、身を売って生活をする女性二人の射殺事件。 フリーライターの木部美智子は、弁当工場の工場長に対する恐喝事件を調べるうちに、稚拙な恐喝事件と、三件の…

【ネタバレ感想】佐々木ミノル「中卒労働者から始める高校生活」は、恋愛ものとして面白い。

前から読みたいと思ったので、既刊12巻までいっき読みした。 [まとめ買い] 中卒労働者から始める高校生活 作者: 佐々木ミノル メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 想像していた内容と違った。 主人公の境遇と、舞台が様々な事情を抱え年代がバラ…

【ネタバレ感想】今村昌弘「魔眼の匣の殺人」は、遊び心満載の上質なホワイダニットだった。

*本記事には「魔眼の匣の殺人」のネタバレが含まれます。未読のかたはご注意ください。未読のかたは作品を読んでから読まれることをおススメします。 魔眼の匣の殺人 作者: 今村昌弘 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2019/02/20 メディア: 単行本 この…

【ネタバレ感想】「モンキーピーク」10卷まで。読みかたについての反省会。

2019年5月29日に「モンキーピーク」10卷が発売された。 モンキーピーク 10 作者: 志名坂高次,粂田晃宏 出版社/メーカー: 日本文芸社 発売日: 2019/05/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る だいぶ読むモチベーションが下がっていたけれど、最…

【さらざんまい7話まで】悠が火車らないか心配だ。

火車る。 www.saiusaruzzz.com 悠を見ていると、「火車」の新城喬子を思い出す。 もしくは「アフターダーク」のコロオギ状態……には、誓と一緒に逃げたらなりそうだ。 アフターダーク (講談社文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2006/09/1…

山崎雅弘「中東戦争全史」 自分たちも、彼らと同じ構造の中で生きているのかもしれない。

一冊で、今日の中東問題や経緯が一通りわかる。 【新版】中東戦争全史 (朝日文庫) 作者: 山崎雅弘 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2016/08/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る シリアの内戦とイスラム国のことが知りたくて、シリ…

PS4「コール・オブ・クトゥルフ」の原作「クトゥルフの呼び声」など周辺情報のまとめ。

コール・オブ・クトゥルフ - PS4 【CEROレーティング「Z」】 出版社/メーカー: オーイズミ・アミュージオ 発売日: 2019/03/28 メディア: Video Game この商品を含むブログを見る PS4「コール・オブ・クトゥルフ」が面白い。 自分が想像したクトゥルフ神話の…

「男性にとっての『友達』はお互いに迷惑をかけあっていい存在」の元ネタ、グリフィスのガッツに対する感情の考察を紹介したい。

togetter.com 先日、ホッテントリに入っていたまとめのタイトルが「どこかで聞いたことがある話だな」と思ったら、自分の記事を介した話だったらしくびっくりした。 自分が記事の中で、「ベルセルクについて、こういう考察をしている人がいて面白かった」と…

【ネタバレあり】曽根富美子「親なるもの 断崖」のわりと細かい話。

[まとめ買い] 特装版「親なるもの 断崖」(フラワーコミックス) 作者: 曽根富美子 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 最近、また読み返したので思いついたことや考えたことを書きたい。 茜というキャラと梅との関係 梅と茜の関係は、最初読ん…

【2019年Bリーグ】チャンピオンシップ決勝戦雑感。アルバルク東京が二連覇、千葉ジェッツ惜敗優勝を逃す。

未だにショックから立ち直れない。 まさか負けるとは…。 今年は絶対にいける、初優勝だと思っていたのに。 漫然とそう思っていたわけではなく、チャンピオンシップの内容を見ていても、今のジェッツとアルバルクならジェッツが勝つだろうと思っていた。 結果…