うさるの厨二病な読書日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ゲーム、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語るブログ。

エドガー・アラン・ポー「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」あらすじ及びネタバレ感想

エドガー・アラン・ポーの「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」が、ラブクラフトの「狂気の山脈にて」に影響を与えていたり、大岡昇平の「野火」の外枠になっているという話を聞いたので読んでみた。 ポオ小説全集 2 (創元推理文庫 522-2…

【ネタバレ感想】道原かつみ版「銀河英雄伝説」を読み直して、最高だと思った。

新作アニメを見たこともあり、「銀河英雄伝説」の原作及び道原かつみ版を読み直そうと思って購入した。記事を書くにあたって、ところどころ記憶が薄れているところもあったというのもある。 藤崎竜版も一巻を購入して読んだけれど、イマイチ合わなかった。…

【ユングのタイプ論を基にしたMBTIでキャラクター&ストーリー考察】「ゲーム・オブ・スローンズ」

MBTIを使ったキャラクター&ストーリー考察シリーズ。 お遊び程度に考えてください。 参考図書はコチラ。 MBTIタイプ入門(第6版) 作者: 園田 由紀 出版社/メーカー: JPP株式会社 発売日: 2011/01/25 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る MBTIへの…

【ネタバレ感想】推理小説は文学か否か。大西巨人「三位一体の神話」

江戸川乱歩と木々高太郎の「探偵小説論争」に答えた小説 知らないで手にとったのだけれど、「三位一体の神話」は雑誌「ロック」の誌上で行われた江戸川乱歩と木々高太郎の「探偵小説は文学か否か」論争に対する、大西なりの答えとして書かれたらしい。 上卷…

NHKスペシャル未解決事件「警察庁長官狙撃事件」ドラマ版は、ベテラン俳優の演技が圧巻だった。

9月8日(土)に放送された、NHKスペシャル未解決事件「警察庁長官狙撃事件」のドラマ版の感想。 www.saiusaruzzz.com ドラマ版ではより一層、警察組織の問題点が浮き彫りになっていた。 一週間前に放送されたドキュメンタリー版を見て、「一度、一定の方向…

NHKスペシャル未解決事件「警察庁長官狙撃事件」を見て、組織の怖さを思う。

この番組を見て、「そういえばそんなことがあったなあ」と思い出した。 www.nhk.or.jp 1995年3月、地下鉄サリン事件の直後に起こった「警察庁長官狙撃事件」。 2010年に時効を迎えたこの事件の真犯人を名乗る男から、2013年にNHKに手紙が届く。 手紙の主は…

考察亡者のための備忘録「DARK SOULS  TRILOGYーArchive of the Fireー」を購入!

楽しみにしていた「DARK SOULS TRILOGYーArchive of the Fireー」が8月31日に手元に到着した。 DARK SOULS TRILOGY -Archive of the Fire- 作者: 電撃PlayStation編集部 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/08/31 メディア: 単行本 この商品を含むブロ…

気分が悪くて最後まで読めなかった。ジョン・クラカワー「信仰が人を殺すとき」

「荒野へ」の作者ジョン・クラカワーの本 ジョン・クラカワーの「荒野へ」が大好きで、何回も繰り返し読んでいる。 先日「何か面白い本はないかな」と思ったときに、同じ作者の本を読んでみようと思い本書を購入した。 信仰が人を殺すとき 上 (河出文庫) pos…

「恐すぎる‼」と大反響 松原タニシ 事故物件怪談「怖い間取り」

日曜日の昼間にやっている「ニノさん」だったと思うが、一度だけこの本の作者である「事故物件住みます芸人」松原タニシを見たことがある。その時の話は怖いものではなく、ほのぼのとした話だった。 なので、この本についている「『恐すぎる‼』と大反響」と…

【ネタバレ感想】「憂国のモリアーティ」を6卷まで読んだので、良かった点と気になった点を語りたい。

コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズシリーズ」を原作・原案にした「憂国のモリアーティ」を既刊6卷まで読んだ。 憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス) posted with ヨメレバ 三好 輝 集英社 2016-11-04 Amazon Kindle 原作は余り関係なく、若…

「自分の育成に失敗した」増田を読んで思い出した、中学校時代の先生の話。

anond.hatelabo.jp この増田を読んで、学校の先生のことを思い出したのでつらつら書く。 増田の内容とあまり関係ないかもしれない。 自分は学校の先生に対する思い出が薄い。存在自体はさすがに覚えているが。 保育園、小学校低学年のときはほとんど記憶が…

ポル・ポト政権下のカンボジアと、物語論の接続を試みた野心作 小川哲「ゲームの王国」ネタバレ感想

小川哲「ゲームの王国」を読み終わった。 ゲームの王国 上 posted with ヨメレバ 小川 哲 早川書房 2017-08-24 Amazon Kindle この本はとても不思議な本だ。公式のジャンルはSFなのだが「どういう本か?」と言われるとひと口では説明ができない。 レビューを…

【ユングのタイプ論を基にしたMBTIでキャラクター&ストーリー考察】「銀河英雄伝説」

ユングのタイプ論を取り入れたMBTIについては、前にも記事を書いた。それを用いて銀河英雄伝説のキャラクター考察をやってみた。自分は専門家ではないので、あくまで個人の遊びだ。 ユング心理学入門―“心理療法”コレクション〈1〉 (岩波現代文庫) posted wit…