読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさるの厨二病な読書・漫画日記

生涯中二の着ぐるみが、本や漫画、ドラマなどについて好きも嫌いも全力で語ります。【ネタバレ前提です。注意してください】

follow us in feedly

第一回 勝手に相談にのってみる。「嫁と姑はお互いを好きなったほうが良いのか」

勝手に人生相談にのってみるのコーナーです。 第一回の今日は、なぺこさんのこの記事に勝手に答えます。 www.hot-napeco.com 内容を要約すると 「結婚を前提に交際している彼氏のお母さんに、なかなか挨拶に行くことができない。長い付き合いになるのだから…

日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」を一秒も見ていないけれど、壇上壮大のことがとても気になるので勝手に妄想する。

主人公のライバル、壇上壮大が気になる。 TBS日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」を、今のところ一秒も見ていないのですが、このドラマの感想を読むたびに気になる人がいます。 浅野忠信演じる、壇上壮大です。 何しろ一秒も見ていないので、余りよく分…

小島アジコ「はてな村奇譚」を読んではてな愛に心を打たれたので、今さら感想を書きたい。

はてな独自の文化を面白く綴った、「はてな村奇譚」を読みました。 はてな村奇譚上 作者: 小島アジコ 発売日: 2015/08/20 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (3件) を見る はてなのサービスを少しでも使ったことがある人なら、楽しく読める内容だと思…

【ザ・ノンフィクション】「しっくりくる生き方」が、まったくしっくりこなかった。

2017年2月12日にフジテレビで放送された「ザ・ノンフィクション」は、性同一障害を持ち、地下アイドルになることを夢見て、借金を背負い極貧の生活を営む、大浦きららさんの物語だった。 きららさんのおかれている状況は過酷 きららさんが現在おかれてい…

狂気のゲーム「ムーンライトシンドローム」にみる、謎ときコンテンツの面白さ

狂気のゲーム「ムーンライトシンドローム」の面白さ このブログで何度か紹介している「ムーンライトシンドローム」というゲームがある 。 ムーンライトシンドローム 出版社/メーカー: ヒューマン 発売日: 1997/10/09 メディア: Video Game 購入: 1人 クリッ…

ニコ生で脱ぐ女の子の話を読んで思う「かりそめの承認」に騙される人々。

先日「ニコ生などのネットで承認欲求を満たす少女について」という記事を読んだ。 5年くらい前の古い記事だ。現実で満たされない承認欲求を、ニコ生で男性視聴者から性的対象として見られることで満たそうとする女の子がいる、という内容だった。中には視聴…

「ファイアーエムブレム聖戦の系譜」を10回以上プレイした人間が、最強のカップリングなどについて熱く語る。

「ファイアーエムブレムヒーローズ」が発売予定。 ファイアーエムブレムがスマホゲームになるようだ。 fire-emblem-heroes.com ストーリーやシステムを読んだ限り、お手軽なスマホゲームで、自分が好きだったファイアーエムブレムじゃないのだろうなと思った…

他人の言葉を真に受ける必要はない。

Twitterを眺めていると、色々なツイートが流れてくる。 その中で先日、こんなツイートが流れてきた。 「頑張っても結果を出さなければがんばらない奴って言われ、それでオレが自殺したら何も死ななくても逃げればよかったのにって言うんだろ!!」(うろ覚え…

矛盾だらけの不思議な歌詞。秦基博「ひまわりの約束」の謎を考える。

初めて聴いたとき、不思議な歌だと思った。 「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌として有名な秦基博の「ひまわりの約束」だが、初めて聴いたとき、不思議な歌だなと思った。 改めて歌詞を読み返すと、多くの謎と矛盾が含まれていることに気付く。その矛盾と…

こんな書評を書いてはいけない。福田和也、石田衣良から学ぶ

このブログは名前が表す通り、自分が読んだ本、漫画、ドラマ、ゲームなどの感想や考察がメインコンテンツです。 余り細かいことは気にせずに、自分の思ったことを自由に書いていたのですが、先日、石田衣良が語った「君の名は。」の感想に、新海誠が(石田衣…

「電子書籍は嫌い、本を読むなら絶対紙だ」という人間が、kindleを購入したので感想を語る。

本を読むなら紙媒体派だった 今まで、「本を読むなら絶対に紙だ。電子書籍で本は読めない」と思っていました。 理由は色々あるのですが、一番大きな理由が とにかく目が疲れて、読み続けられない。 です。 紙媒体だと「目が疲れて読み続けられない」というこ…

【マツコの知らない世界】「小室ミュージックの世界」 宇多田ヒカルに対する言葉を聞いて、小室哲哉のすごさを知った。

1月10日(火)に放映された「マツコの知らない世界」で、小室哲哉がゲストとして登場しました。安室奈美恵やtrf、globe、華原朋美、篠原涼子の話など、裏話が満載で面白かったです。 www.tbs.co.jp 小室哲哉の曲の良さが、よくわからなかった 小室ミュ…

ブログにおける「PV数や収益の報告は、何のためにやるのか?」を改めて考えてみた。

あわわこさんの「日めくり! インドア女子」の、この記事を読みました。 honnote.hateblo.jp PVや収益の公表については、今まで様々な意見を読みましたが、この観点はすごく新鮮でした。「なるほど!」と思いましたし、こういう観点の意見は聞いたことがなか…

「女らしさの呪いをかけるな」という人は、「女らしさに」呪いをかけないで欲しい。

話題になっているらしい、この記事についてです。 bylines.news.yahoo.co.jp 紅白での相葉雅紀とりゅうちぇるの会話が、前提を色々とすっ飛ばした雑なものだった、というのは分かります。 「適齢期の女性の結婚」という色々な人の心に引っかかりそうな話題…

【箱根駅伝の魅力】「ただ他人が走っているところを見ていて、何が面白いの?」という疑問に全力で答えたい。

今年も箱根駅伝が終わった 今年も箱根駅伝が終わってしまいました。 青山学院大学三連覇おめでとうございます(・∀・) 子供のころは、「青山学院?? えっ? 出ているの?」くらいの感覚だったのですが、時代は変わるものですね。 お正月の二日間地上波で放送…

毒々しいこの世界で生きている皆様へ。あけましておめでとうございます。

ネットを見ていて、ずっと疑問に思っていたことがある。 ネガティブな感情が、異常に敵視されていることだ。 「他人を不快にさせてはいけない」 「怒りは人を傷つけるから、持ってはいけない感情だ」 「ネガティブな思考なんて毒にしかならない。ポジティブ…

「半年、ROMってろ」がなつかしい。

少し前のことだが、ある記事について久しぶりにひどいコメントをもらった。 ある人物に対する差別用語の混じった、ひどい人格攻撃のコメントだ。 恐らくはその人のアンチなのだろう。 このサイトは自分の責任で人格を傷つけるコメントを記載することをいっさ…

「東京タラレバ娘」が「ハッピーマニア」を越えられない理由。

東村アキコ「東京タラレバ娘」を読んだ 今期TVドラマ化もされる、東村アキコの漫画「東京タラレバ娘」を読んだ。 昨今、よく見かけるアラサーの女性が結婚や恋愛に悩む姿を描いた漫画だ。 自分としては、ある程度共感して読めるのではないか、と考えたのだが…

ナニガアッテモ絶対ニ、わたしを独りにしないで。

最近は空いている時間は、だいたい「ゲーム・オブ・スローンズ」を見ている。 このドラマは基本的には娯楽ドラマでありエンターテイメントだけれども、人間を描くのがうまく、見ているとところどころで色々と考えさせられる。 いま見ているシーズン4の冒頭…

【驚愕】Amazonで初めて返金手続きをしたら、たった二日で簡単に手続きが完了して感動した。

中古の書籍を購入したら、カバーが下巻で中身が上巻だった。 ただいま、海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」にドハマリしているしていますが、先日、その原作本である「氷と炎の歌」をAmazonで購入したよ~という記事を書きました。 www.saiusaruzzz.com…

つまらないブログとはどんなブログなのか、真剣に考えてみた。

読みたい、と思うブログとは ブログを書き始めてから、半年以上たった。 自分がブログを書き始めてから、他の人のブログもよく読むようになった。 妬ましくなってしまうくらい面白いブログもあった。 一方で、読み始めても興味が持続せず、最後まで読まずに…

大好きだったブログがある日、突然消えていた話

むかし、自分がずっと読んでいたブログが、突然消えていたことがあった。 ほぼ毎日更新していたので、空いた時間を見つけて読みにいくことが習慣になっていた。 自分はそのブログが大好きだった。 変化は急に起こった。 それまでほとんど毎日、更新されてい…

【Googleアドセンスに合格した】2016年12月に二回目の申請で合格したので、不合格だった一回目からの変更点を書く。

2回目の申請で、Googleアドセンスに合格した 2016年12月に、2回目の申請でGoogleアドセンスに合格しました。 おめでとうございます! アカウントの承認手続きが完了しました。 二か月前に一次審査で落ちた 昔に比べて「格段に受かりにくくなってい…

【あなたはどのタイプ?】自分も他人も不幸にする、社会心理カーストを考えてみた。

社会心理カーストを考えてみた 社会心理カーストとは、「自分が他人という社会の中で、どういう立場にいるか?」を自分でどう規定しているか、という心理で人をタイプ分けする考え方で、筆者の造語です。 「他人から見てどうかということではなく、その人自…

隠れ傲慢人間がキライだ。

*大変申し訳ありませんが、この記事は読んだ人を不快にさせる可能性があります。自分はどんな内容の記事でも、誰かを不快にさせたり傷つけたりする可能性があると考えていますが、一応お断りしておきます。 ネットをやっていると 「人を不快にさせるような…

ネガティブコメントの心理分析をやってみた。

少し前に「自分の記事に対して、全員が友好的な反応を返してくれるなんてありえないのだから、ネガコメを気にしてブログをやめるのはもったいない」という主旨の記事を書いた。 www.saiusaruzzz.com 実は自分は、前からこの「ネガティブコメント」(以下ネガ…

「自分が読みたいものが読ませてもらえない」のは、誰のせいなのか??

先日、いつも愛読している「明晰夢工房」さんのブログで、こんな記事を読んだ。 saavedra.hatenablog.com 記事内で紹介されている記事も読んでみて、色々なことを考えさせられた。 以下は、あくまでこれらの記事を読んで、自分が考えたことだ。 誰の主張を代…

彼氏彼女の携帯電話を見る人は、いったい何を求めているのか。

「彼氏彼女(旦那・妻)に携帯電話の中身を見せるかどうか」 この問題についての記事を、SNSで見かけた。 この問題も息が長い。 自分は、交際相手結婚相手を含め他人の携帯は、「とって」と頼まれたとき以外は触れない。当然、中身も見ない。 自分の携帯…

「人間の本質は俗悪な道化師である」ことを、「カラマーゾフの兄弟」の父フョードルから学ぶ。

ドストエフスキーの最後の長編小説「カラマーゾフの兄弟」に、兄弟の父親であるフョードル・カラマーゾフという人物が出てくる。 大金持ちのやもめで四人の息子を持っており、この息子たちが題名である、「カラマーゾフの兄弟」である。 「カラマーゾフの兄…

ロボットアニメの主人公は、なぜロボットに乗るのか??

ロボットアニメの主人公は、なぜロボットに乗るのか? なぜ、主人公が乗るものがロボットでなければいけないのか?? 商品化しやすいからでしょう?? というメタ視点の大人の事情はおいておいて、その作品の設定において「ロボットでなければならない必然…

ネットで恋に落ちるなら、これだけは確かめておけと思う。

交際相手と知り合ったきっかけが、SNSなどを通じて、ということも最近では珍しくなくなってきていると思う。 人を判断する際に、自分は言葉にそれほど信ぴょう性をおいていない。 その人が打ち込んだ文字だけで恋に落ちるというは、世の中で言われている…

誰ひとり傷つけない、優しく美しい言葉だけを吐ける人なんてこの世にはいない。

最近、色々な場所で「ネガコメに悩んでいる」「ブログをやめようかと思っている」という言葉を見るようになった。 自分はネガコメを受けてブログを止めるのは、非常にもったいないと思う。 というよりは、 「ネガコメがまったくこないことを想定して、ブログ…

二十歳にオススメする、自分が二十歳までに読んでおきたかった本、10選。

自分が二十歳までに読んでおけばよかったと思う本を、勝手におススメします。 二十歳のころにこれを読んでいたら、その後の考え方が大きく変わったと思う本、 二十歳のころの自分がこの本を読んだら、今の自分とはまったく違う感想を持つだろう本、を中心に…

「鯉ガール」「カープ女子」は、いったい、何のファンなのか??

今年も日本シリーズが終わりました。 自分は広島のファンでも日ハムのファンでもないので、日本シリーズが始まる前から「今シーズンはもう終わりだな」と思っていたのですが、余りに白熱した勝負だったので、ほとんどの試合を見てしまいました。とても見ご…

善意や好意、正しさは、他人に何かを押しつけるときの免罪符にはならない。

先日、とても考えさせられる出来事に出会った。 Aさんが、自分の主義主張をする記事を書き、その記事に賛否両論が分かれる意見が寄せられた。 Aさんと交流があったBさんが、自分なりにAさんを擁護する記事を書いたので、「それを読んでくれたか?」と、…

浅田真央のソチオリンピックの演技を見ると、いつもエヴァンゲリオンのあのシーンを思い出す。

先日行われた、フィギュアスケート女子GPシリーズ第一戦、浅田真央は第六位に終わりました。 ショートの演技は見ました。 トリプルアクセルこそ飛ばなかったものの、ジャンプのミスもなく、ステップもスピンも相変わらず難度の高いものに挑戦していました…

才能と人格は別物であり、人格がクソでも才能は否定できないと思う。

今朝、朝の情報番組を見ていたら、 「作詞家の及川眠子、トルコ人夫に三億円を貢いで離婚」 というニュースが流れた。 及川眠子といえば、エヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」で有名な作詞家である。 何でも、トルコに一人旅…

ノーベル文学賞を授賞しなかった記念 村上春樹についてじっくりと語ってみた。

今年も、秋の風物詩「村上春樹はノーベル文学賞をとれるのか」が終わりました。 受賞したのが、村上春樹も敬愛していて作品内にも出てくるボブ・ディランだったので本人も嬉しかったのではないでしょうか。 せっかくなのでこれを機に、村上春樹についてじっ…

ちまたで大はやりの「辛口性格診断」、「16分型テスト」をやってみた。

*この記事は2016年6月11日に公開済みの記事を加筆修正したものです。 「辛口性格診断」「16分型テスト」をやってみた。 ちまたで大はやりの(?)「辛口性格診断」と「16分型テスト」をやってみました。 16分型テストは、ユングの「タイプ論…

「遊び人にだまされそうなお嬢さま」は、本当にだまされそうなのか?

自分はネットで人生相談を見るのがけっこう好きなのだが、特に好きなのは恋愛相談だ。 「既婚者を好きになって付き合っていますが子供を産んでくれと言われます。彼に愛はあるのでしょうか?」とか「高校生ですけれど、同い年の彼氏が毎日死ぬ死ぬ言っていま…

「自分が自分であるという地獄」を、銀河英雄伝説のアーサー・リンチから学ぶ。

最近、頻繁にお邪魔させていただいているブログがある。 「銀河英雄伝説」の感想を書かれている、妙香さんのファイログというブログ。(*末尾追記参照) 一話ごとに丁寧に粗筋と感想を書かれているので、見ていない人でもちゃんと楽しめる。毎回、楽しんで…

BUMP OF CHICKENの「K」に衝撃を受けたので、歌詞について考えてみた。

先日、BUMP OF CHICKENの「K」について、男女で解釈に差があるという記事を読んだ。 自分はBUMP OF CHICKENは、「天体観測」と「カルマ」くらいしか聴いたことがないまったくの門外漢だ。 なので、これから語ることは熱狂的なファンから見れば、「へそが茶…

「相模原障害者施設殺傷事件」に対する、爆笑問題・太田光のコメントがすごすぎる。

昨夜、たまたまこんな記事を読みました。 numbers2007.blog123.fc2.com 個人的に、強く衝撃を受けました。 「この社会で、障害者の方がどのように生きていくか。そのことに対して、社会が何ができるのか」という問題は、考え続けられなければならないと思い…

場面緘黙症の漫画「元かんもく少女は考える。」から、生きづらさの正体を学んだ。

先日、ちょっとしたきっかけで「場面緘黙症」の体験をつづった漫画を読んだ。 morinagaame.blog.jp 「場面緘黙症」という症状を知ったのは少し前で、そんな症状で悩んでいる人がいることさえ知らなかった。 場面緘黙症というのは、特定の場面でのみまったく…

「君に届け」にみる女子のプリンセス願望と、女性にとっての自己実現。

先日読んだこの記事が面白く、とても興味深かった。 papuriko.hatenablog.com 自分が理解した限りでは、「闇を抱える男性から、どんな目に合わされても超人的な耐久心で耐え、傷ついたその男性の心を母性で癒すことで、いつかその人のオンリーワンになれる…

鬼のように恐れられ、蛇のように嫌われていたお局さまの話。

むかしアルバイトをしていたとき、みんなから蛇蝎のように嫌われていたお局さまがいた。 とにかくすぐにキレる、ヒステリックで言葉がキツい。気に入らないことがあると、大の男でも怒鳴りつける。 「なに?! なにやっているの?!」 「それやってって言っ…

メンヘラに好かれる人の特徴と、付き合ったときの対策。

メンヘラとは何か? メンヘラとはもともとは「精神疾患や心の症状を患っている人」をさすネットスラングです。 本当に精神疾患を患っている場合は、何の知識もない素人が対処するのは難しいと思います。本人もとても苦しい思いをしていると思うので、すみや…

XジャパンToshl「洗脳 地獄の12年からの生還」を読んで、洗脳されやすい人の条件を考えてみた。

「金スマ」で特集されていて、前々から興味を持っていたXジャパンのToshlの著書「洗脳」を読みました。とても興味深く面白い本でした。 洗脳 地獄の12年からの生還 作者: Toshl 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/08/08 メディア: Kindle版 この…

「イチローが嫌いだ」というCMが嫌いだ。

オリンピックの期間、よく目にした「イチローが嫌いだ。あの人を見ると……」というCM、最初見たときから好きではありませんでした。あまりCMに不快感を持つことはないのですが……。 一体、何がそんな気に食わないのか、考えてみると理由が三つ思い浮かびまし…

【小説】 無人島で少年たちが殺し合う 暗黒版十五少年漂流記「蠅の王」と子供のころの思い出

ノーベル賞作家ウィリアム・ゴールディングの処女作で、暗黒版十五少年漂流記の愛称で親しまれている「蠅の王」の感想です。 「蠅の王」あらすじ 未来の大戦中、疎開地へ向かう飛行機が墜落し、乗員である少年たちは南太平洋の無人島に置き去りにされる。彼…